2016年07月11日

サンワ、4Kに対応した3入力1出力のHDMI切替器を発売

サンワサプライ株式会社は、4K映像出力に対応するHDMI切替器「SW-UHD31R」を発売した。

同製品は、4K映像出力に対応し、3台までのHDMI機器の映像・音声を切り替えて、1台のHDMIテレビまたはディスプレイに出力するHDMI切替器。4K2K(4096×2160ピクセル)と4KウルトラHD(3840×2160ピクセル)のいずれの解像度にも対応している。
DVD-R 録画用

また、フルハイビジョン映像にも対応しており、地上波やBlu-ray画質の映像も楽しめる。HDCP 1.4に対応しており、著作権保護コンテンツも視聴できる。

切り替えスイッチを本体に搭載しているほか、リモコンも付属しているため、離れた場所からでも操作できる。自動切り替えを採用せず、手動のみで映像を切り替える仕様のため、自動録画が始まった機器へ不意に映像が切り替わる不具合が起こる心配がない。CDR 音楽用 データ用

HDMI機器から給電されて動作するため、別途電源は不要で動作する。(安定動作のためにUSB給電ケーブルの接続・使用を推奨)。入出力用の4ポートは同一の面に配置されており、すっきりと配線できる。ブルーレイディスク 録画用

Dolby True HD、DTS HD Master Audioの各オーディオコーデックに対応しており、IR(赤外線)受信機付きで、接続したHDMI機器のリモコン操作を離れた場所からでも行なえる。


この記事へのトラックバックURL

http://sonybdr.fukuokablog.jp/t9939
上の画像に書かれている文字を入力して下さい